Custom Home

高性能な住まい

大切なのは住み心地

高性能住宅の住み心地は一言で表すと「快適」です。「家」とは居心地の良い場所であり、心安らぐ場所であるべきです。

Ben House は家づくりのプロとして住み心地にとことんこだわるために、高性能な住宅を推奨しています。

高性能住宅の4つの特徴

「高性能住宅」とは「気密性・断熱性・耐震性・耐久性」の4つに優れた住宅ということです。

01気密性の良さ

気密性が高い住宅とは、壁や窓などの「すきま」をできるだけなくし、すきま風を通さないようにつくられた家のことです。

冷暖房で室温を調整する現代の住まいにとっては、気密性の高さが重要です。

「C値(相当隙間面積)=床面積あたりどれだけすきまがあるか」という数値が指標となっており、C値が小さいほど気密性に優れています。平成11年度基準〈次世代省エネ基準〉では隙間値〈C値〉0.5以下という基準でした。

弊社では、第三者機関により全棟気密測定を実施しており、ほとんどがC値0.5以下の結果です。

気密性の良さ

02断熱性

高断熱住宅とは、断熱材などを使って、外の気温の影響を受けにくくした住まいのことです。

冬の寒さや夏の暑さは、壁や窓を通して室内に伝わってきます。

壁の中に断熱材を入れる、断熱性能の高い窓を採用するなどの対策で、室内と屋外で行き来する熱の量が少なくなります。

「UA値(外皮平均貫流率)=外皮面積あたりどれだけエネルギーが逃げるか」という数値が指標となっており、UA値が小さいほど断熱性に優れています。

弊社の地域では0.87以下。自社の平均値は0.5前後となります。

断熱性

03耐震性

耐震性が高い家=地震に強い家のことです。地震の揺れにどのくらい耐えられるかは「耐震等級」という1~3の指数で客観的に知ることができます。

・耐震等級1:建築基準法の基準を満たす

・耐震等級2:建築基準法の1.25倍の耐震性能を持つ

・耐震等級3:建築基準法の1.5倍の耐震性能を持つ

※建築基準法の基準=震度6強~7程度の大地震で倒壊・崩壊せず、震度5程度の中地震で損傷しないレベル。弊社では全棟 長期優良住宅の認定を取得します。耐震等級は等級3を基本とします。

耐震性

04耐久性

長く安心して住める耐久性を持った家を選ぶことも大切です。

長期にわたって良好な状態で使えるようつくられた住宅は、行政から「長期優良住宅」という認定を受けることができます。

長期優良住宅の条件には、劣化対策・耐震性・維持管理の容易性・可変性・バリアフリー性・省エネ性能・住居環境・住戸面積といった項目があります。

長期優良住宅の認定は住宅の価値が高いといえます。また、税金面でもメリットが得られます。

耐久性

高性能住宅のメリット

ヒートショックを防ぐ

ヒートショックとは、温度差により血圧が急激に上がったり下がったりする健康被害のことです。

脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こし、命に関わることもあります。

冬場、暖かいリビングから廊下やトイレ、浴室に行った時、寒さを感じたことはありませんか?

高気密高断熱の家では、このような「室内の温度差」が少ないため、快適性が高まると同時にヒートショック防止にも繋がります。

光熱費が抑えられる

気密性・断熱性が高い家は、エアコンなどで快適な温度に調整した空気を外に逃がしにくくなります。

冷暖房のロスが少ないため、環境に優しく光熱費を抑えることにも繋がります。

地震などの災害に強い

日本において、住宅の地震への強さは、安全に暮らし続けるために欠かせません。

耐震性はもちろん、家の耐久性を高めることで構造が劣化しにくく、地震や台風などによる被害を軽減します。

家が長持ちする

雨漏りや結露、シロアリ被害などは、家の劣化のスピードを早めます。

耐久性の高い部材を使い、水分の影響やシロアリ被害軽減の対策が適切にとられた家は、メンテナンスにお金をかけなくとも長持ちします。

住まいの寿命が延びると建て替えが少なくて済み、売却する場合も資産価値が下がりにくくなります。

高性能住宅には補助金制度も

省エネという観点から、国も高性能住宅を推進しています。

そのため、高性能住宅の新築やリフォームには、補助金が給付されることもあります 。

詳しくはお問い合わせください。